トイレつまりの原因

水回りの中でもトイレは日常生活において最も頻繁に使用されます。そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいのが現状です。そして、トイレつまりでトイレを正常に使用できない状態は水回りのトラブルの中でも最も切実なトラブルと言えます。
トイレが使えなくなるばかりではなく、汚水がトイレにあふれる事態にもなりかねません。

それではトイレつまりの原因となる例を挙げてみましょう。

1、異物

異物を流すのがトイレつまりの一番多い原因です。
トイレットペーパーを切らしてしまった場合につい使ってしまいがちなティッシュペーパーは水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、つまりやすくなります。

なお、市販のお掃除シートは「トイレに流せる」という記載があっても、紙でできているため溶けにくくなっています。できるだけ流さないほうが安全です。
最近急増しているのが流せる猫のトイレ砂に関するトラブルです。
流せる猫用のトイレ砂は、水に溶けやすいようにできていますが、一度に流す量が多すぎるとパイプ内でつまってしまうことがあるため、大量のトイレ砂を一度にまとめて流すことはしないようにしましょう。また、万が一流せないトイレ砂(水で固まるタイプ)を流してしまうと、配管パイプで砂が膨張し、固着してトイレつまりを起こしてしまうことも考えられますので注意が必要です。

他にも異物を流してしまい詰まってしまった例として、携帯電話、ペン、おむつ、タバコ、おもちゃ、生理用品などが挙げられます。
例え要らない物でもごみ箱代わりにせず流す前にゴム手袋をして拾い上げましょう。

2、大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーでも一度に流しきれる量には限界があります。トイレットペーパーをゴルフボール大に丸め、7つを一気に流せる通水テストというものがあり、一度に流せる量の基準になっているようです。「どうせ溶けるから」と大量に流さずにこまめに流すことが大切です。

特に安いトイレットペーパーには注意が必要です。私たちが普段スーパーで見かけるトイレットペーパー(日本製)は、水解紙(水に溶ける紙)でできています。しかし中には水解紙ではない粗悪品も混ざっているそうです。安かったり海外製のトイレットペーパーはつまりの原因になることが多いので避けましょう。

3、過度な節水

ただ便器から汚物を流せばいいというわけではなく、便器を出たのち排水管を通って10メートル以上流さないといけないという基準があります。便器によって、10m以上排水を流すための水の量は違います。最近では従来のトイレよりも水量は少ないエコ便器もあるようです。節水のためにタンク内にペットボトル等を入れておくと水圧不足により流れにくくなるため適切な水量で流しましょう。

トイレに何を流したか?(原因解明しよう)

トイレの詰まりには必ず原因が有るはずです。もしもトイレつまりを起こしてしまった場合には原因を追究するのが第一です。
トイレつまりが発生した時に何を流しましたか?流した物によっては、無理に流すと状態を悪化させることがあります。ご自身が流した訳ではない場合、例えばご家族の誰かが流された場合など、流した物を確認しておきましょう。

何も流した覚えがない

トイレットペーパーもいつもと同じ量で、特に流してはいけないものを流した覚えがないという場合、便器以外にに問題があるかもしれません。ゴボゴボと異音がしたりしていませんか?その場合はトイレつまり【確認編】に記述している排水マスを確認してください。

トイレットペーパーを大量に流してしまった

トイレに異常がないか判断するのに、トイレットペーパーをゴルフボール大に丸め、7つを一気に流す通水テストがあります。流したトイレットペーパーの量はそれ以上ではありませんでしたか?それ以上流してしまったのなら、便器に問題が起きている可能性が高いです。

トイレットペーパー以外の紙類を流した

ティッシュペーパーはトイレットペーパーの様に水に溶ける性質ではありません。
トイレに流せるお掃除シート、お子様のおしりふきもトイレに流せると謳っていても流さないほうがトイレつまりを起こす可能性が低くなります。

異物を流してしまった

携帯電話、ペン、おむつ、タバコ、おもちゃ、生理用品などは流してしまうとほとんどの場合、トイレつまりを起こしてしまいます。
水に流せると謳っている猫の砂はトイレットペーパーほど水に溶け易いわけではありません。こちらも異物といえます。水で固まるタイプの猫の砂は水を吸って膨張するので配管内でつまってしまうことがあります。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

目次

自分で直すトイレつまり【確認編】

まず、「つまりかな?」と思ったら慌てずにどんな解決方法がいいのか探ってみましょう。

少しずつ水を流してみる

一気に流してしまうと溢れてしまうことがあるのでまずは少しずつ水を流してみましょう。
少しの水流でもトイレットペーパーであれば溶けてそのまま流れることがあります。

水位を確認する

便器の状態が判断できるので水位が下がるかそのままなのか少し時間を置いて確認しましょう。
時間をかけて水位が下がる、全く下がらない、一度上がってから下がるなど流れ方があります。

時間をかけて水位が下がる場合と全く下がらない場合(流したものが間違いなくトイレットペーパーの場合)はラバーカップ(スッポン)を試してみてもいいかもしれません。
トイレットペーパーが詰まった場合は重曹と酢、もしくは50度ほどのお湯で溶かして流せる場合がありますので試してみましょう。

水位が上がってから下がる場合は異物を流したことが原因と考えられます。排水口を半分ほど塞いでしまうことで水の処理能力が半分になってしまいます。すると水位が上がってから下がります。この場合は便器を外さなくてはいけなくなっている状態といえます。

水位が全く下がらない場合は、水を含むと膨らむもの(おむつや生理用品など)やタオル、おもちゃは押し流すと悪化させてしまう場合があるのでラバーカップ(スッポン)はしないことが重要です。

排水マスをチェック!

排水マスは文字通りの「枡」のように四角いもの(コンクリート製)や丸い「鉢」のような形状のもの(樹脂製)があり、上部には蓋がついています。
マスに入ってくる排水と出て行く排水の管がそれぞれ繋げられるように穴があいていますが、排水管はマスの中では繋がっていません。ですので蓋を開ければつまりがないか確認できます。

排水マスに異常がある場合、業者に依頼しましょう。

注意!異物を流してしまった場合!

異物(トイレットペーパー以外)を流してしまった時には、絶対にラバーカップ(スッポン)を使用しないでください。

特にオムツや生理用品などは水を吸って膨らむので、無理に押し込み過ぎると仮に便器を通過させることができたとしても、排水管で必ず詰まってしまいます。便器の問題点(詰まった原因)を把握しておかないと悪化させることがあります。

本来、ラバーカップ(スッポン)は水に溶ける性質のトイレットペーパーをつまらせた場合の対処法ですので、異物を流してしまった時にラバーカップ(スッポン)を行うと、異物が便器を通過した場合、便器は正常に流れるようになり、一見トイレつまりが直ったように見えます。しかし便器を通過した異物はその後、排水管の詰まりに発展してしまい事態を悪化させてしまうことがあります。

溶けない異物を流してしまった場合

よくあるものとして携帯電話・子供のおもちゃ・軍手・生理用品などの固形物を誤って流してしまった場合、トイレ真下(床下)のどこかでひっかかり、そこに汚物がたまっていき、トイレつまりの原因になることも多いようです。
最悪の場合、詰まっている部分の配管を開ける必要があり、大きな施工が必要になる可能性もあります。
戸建てですとこのような対応が必要になる場合がありますが、マンションなどの集合住宅などですともっと施工自体が複雑になることもあるようです。
排水管などをチェックし、それでも見つからない場合はカメラを使ってつまっている場所の特定をし、最悪フローリングを剥いだり、専門機材の使用による大きな施工により料金も相当高くついてしまいます。
焦ってラバーカップなどを使ってしまうと固形物が配管の中で押されてもっと奥に行ってしまい大きな工事が必要になるので絶対にラバーカップは使用しないで下さい。

ただ携帯電話・子供のおもちゃ・ペン等の場合、
引っかかって手の届くところにある場合もあるので、まずゴム手袋などをして手の届くところにあるか確認しましょう。
それでもダメな場合はすぐに専門の水道業者さんに相談しましょう。

固形物の場合
①手で取り除けるか試す
②水道屋さんに相談する

固形物の場合は余計なことをすると取り返しのつかない事態になることもありますので
必ず水道屋さんに相談してください。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

自分で直すトイレつまり【準備編】

一般家庭でも準備できる範囲のものをご紹介します。

新聞紙
まずトイレが汚れないように新聞紙を敷きましょう

マスク
ニオイ・汚れが飛ぶ場合があるので、オススメします。

雑巾
汚れを拭くために準備しましょう。
最後は雑巾で綺麗に掃除しましょう。

以下内容は、自分で治すトイレつまり【実践編】ページで詳しく解説しています。

  • ゴム手袋
  • ラバーカップ(スッポン)
  • バケツ(洗面器)
  • お湯と重曹とお酢
  • 真空ポンプ

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

自分で治すトイレつまり【実践編】

トイレットペーパーや溶けにくい紙などの場合

トイレットペーパーやティッシュや赤ちゃん用のおしりふきや便のつまり等の場合は以下の方法が有効です。

ゴム手袋

水が飛び散ることがあります。衛生面を考え、ゴム手袋をしましょう。
スーパー、ホームセンターでも安く購入できます。

ラバーカップ(スッポン)

使い方は便器の排水口に向かって、押し込んでスッポーンと引き抜くように複数回繰り返すだけです。あくまで、押し込むのではなく、引き抜くイメージです。
また、ゴミ袋で水などが飛び散らないよう工夫しても良いでしょう。
これでトイレつまりが解決した方は多いと思います。
※マンションにお住まいの方は、管理人さんが貸してくれる場合もあります。
また、購入する場合はネットで買うとスーパー、ホームセンター等より断然安く購入できます。

バケツ(洗面器)

ラバーカップ(スッポン)を使用する場合、便器に水が半分ほどある状態でないと圧がかかりにくいので、便器が空の場合は水もしくはお湯で半分ほど足すため、便器の水が多い場合にはくみ出すためにバケツを用意します。

お湯と重曹とお酢

酸性であるお酢(酢酸)とアルカリ性である重曹(炭酸水素ナトリウム)を混ぜると二酸化炭素が発生します。お湯と重曹とお酢の力でトイレにつまったものを溶かしたり、柔らかくする方法です。

■重曹
・アルカリ性
・研磨効果:研磨効果があるので汚れを落とせます。
・乳化効果:油汚れを分解してくれます。
・消臭効果:イヤなニオイを抑えてくれます。

■お酢
・酸性
・抗菌効果:カビ菌などの繁殖を抑えてくれます。
・柔軟効果:洗濯の際には柔軟剤として使えます。

お掃除などにとっても便利な重曹とお酢ですが、トイレつまりにも流用できます。
トイレに50度程度のお湯を入れ、重曹(計量カップ半分)お酢(計量カップ1杯)入れ、30分から1時間放置します。これを数回繰り返す方法です。

※熱湯は使用しないで下さい。温度が高いほうが紙や汚物を柔らかくする効果はあがりますが、トイレが耐えきれずヒビが入ってしまったり割れてしまう場合があります。

真空ポンプ

真空ポンプとは真空を作り一気に引き出すポンプです。
小型のものであればホームセンターでも購入できます。
水道屋さんもプロ用の真空ポンプを使用しています。
真空ポンプは沢山のメーカーが販売していて、吸引量の大小で値段も変わってきます。
ラバーカップの数倍の力があるので効果は絶大です。
ただ注意したいのは吸引部分も様々ですので排水口にピッタリとフィットするものを選ぶ必要があります。

携帯電話・子供のおもちゃ・ペン等(固形物)の場合

手の届くところにない場合は余計なことをせず、水道屋さんに相談しましょう。

無事解決したでしょうか?

トイレつまりは主に2つにわけられます。

  • ・トイレつまり
  • ・排水管つまり

トイレつまりは大量のトイレットペーパーや流せない紙、携帯電話・子供のおもちゃ・軍手・生理用品などの異物のつまりが原因です。
トイレットペーパーはトイレ専用の紙ですが、意外と原因の代表と言えます。

排水管のつまりは過度の節水によるものや下水管までの距離が長かったりすることでいきなり起こります。

トイレつまりはある程度は、自分で直すことができますが、排水管の場合は個人で直すことは難しいのです。

また、原因がわからなかったり、対応に困った際は余計な事をせずに信用できそうな地元の水道屋さんに相談しましょう。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

こんな水道業者には気をつけよう【業者の裏側編】→

目次

↑ページトップへ