トイレつまりの原因

水回りの中でもトイレは日常生活において最も頻繁に使用されます。そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいのが現状です。そして、トイレつまりでトイレを正常に使用できない状態は水回りのトラブルの中でも最も切実なトラブルと言えます。
トイレが使えなくなるばかりではなく、汚水がトイレにあふれる事態にもなりかねません。

それではトイレつまりの原因となる例を挙げてみましょう。

1、異物

異物を流すのがトイレつまりの一番多い原因です。
トイレットペーパーを切らしてしまった場合につい使ってしまいがちなティッシュペーパーは水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、つまりやすくなります。

なお、市販のお掃除シートは「トイレに流せる」という記載があっても、紙でできているため溶けにくくなっています。できるだけ流さないほうが安全です。
最近急増しているのが流せる猫のトイレ砂に関するトラブルです。
流せる猫用のトイレ砂は、水に溶けやすいようにできていますが、一度に流す量が多すぎるとパイプ内でつまってしまうことがあるため、大量のトイレ砂を一度にまとめて流すことはしないようにしましょう。また、万が一流せないトイレ砂(水で固まるタイプ)を流してしまうと、配管パイプで砂が膨張し、固着してトイレつまりを起こしてしまうことも考えられますので注意が必要です。

他にも異物を流してしまい詰まってしまった例として、携帯電話、ペン、おむつ、タバコ、おもちゃ、生理用品などが挙げられます。
例え要らない物でもごみ箱代わりにせず流す前にゴム手袋をして拾い上げましょう。

2、大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーでも一度に流しきれる量には限界があります。トイレットペーパーをゴルフボール大に丸め、7つを一気に流せる通水テストというものがあり、一度に流せる量の基準になっているようです。「どうせ溶けるから」と大量に流さずにこまめに流すことが大切です。

特に安いトイレットペーパーには注意が必要です。私たちが普段スーパーで見かけるトイレットペーパー(日本製)は、水解紙(水に溶ける紙)でできています。しかし中には水解紙ではない粗悪品も混ざっているそうです。安かったり海外製のトイレットペーパーはつまりの原因になることが多いので避けましょう。

3、過度な節水

ただ便器から汚物を流せばいいというわけではなく、便器を出たのち排水管を通って10メートル以上流さないといけないという基準があります。便器によって、10m以上排水を流すための水の量は違います。最近では従来のトイレよりも水量は少ないエコ便器もあるようです。節水のためにタンク内にペットボトル等を入れておくと水圧不足により流れにくくなるため適切な水量で流しましょう。

トイレに何を流したか?(原因解明しよう)

トイレの詰まりには必ず原因が有るはずです。もしもトイレつまりを起こしてしまった場合には原因を追究するのが第一です。
トイレつまりが発生した時に何を流しましたか?流した物によっては、無理に流すと状態を悪化させることがあります。ご自身が流した訳ではない場合、例えばご家族の誰かが流された場合など、流した物を確認しておきましょう。

何も流した覚えがない

トイレットペーパーもいつもと同じ量で、特に流してはいけないものを流した覚えがないという場合、便器以外にに問題があるかもしれません。ゴボゴボと異音がしたりしていませんか?その場合はトイレつまり【確認編】に記述している排水マスを確認してください。

トイレットペーパーを大量に流してしまった

トイレに異常がないか判断するのに、トイレットペーパーをゴルフボール大に丸め、7つを一気に流す通水テストがあります。流したトイレットペーパーの量はそれ以上ではありませんでしたか?それ以上流してしまったのなら、便器に問題が起きている可能性が高いです。

トイレットペーパー以外の紙類を流した

ティッシュペーパーはトイレットペーパーの様に水に溶ける性質ではありません。
トイレに流せるお掃除シート、お子様のおしりふきもトイレに流せると謳っていても流さないほうがトイレつまりを起こす可能性が低くなります。

異物を流してしまった

携帯電話、ペン、おむつ、タバコ、おもちゃ、生理用品などは流してしまうとほとんどの場合、トイレつまりを起こしてしまいます。
水に流せると謳っている猫の砂はトイレットペーパーほど水に溶け易いわけではありません。こちらも異物といえます。水で固まるタイプの猫の砂は水を吸って膨張するので配管内でつまってしまうことがあります。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

自分で治すトイレつまり【確認編】→