自分で直すトイレつまり【確認編】

まず、「つまりかな?」と思ったら慌てずにどんな解決方法がいいのか探ってみましょう。

少しずつ水を流してみる

一気に流してしまうと溢れてしまうことがあるのでまずは少しずつ水を流してみましょう。
少しの水流でもトイレットペーパーであれば溶けてそのまま流れることがあります。

水位を確認する

便器の状態が判断できるので水位が下がるかそのままなのか少し時間を置いて確認しましょう。
時間をかけて水位が下がる、全く下がらない、一度上がってから下がるなど流れ方があります。

時間をかけて水位が下がる場合と全く下がらない場合(流したものが間違いなくトイレットペーパーの場合)はラバーカップ(スッポン)を試してみてもいいかもしれません。
トイレットペーパーが詰まった場合は重曹と酢、もしくは50度ほどのお湯で溶かして流せる場合がありますので試してみましょう。

水位が上がってから下がる場合は異物を流したことが原因と考えられます。排水口を半分ほど塞いでしまうことで水の処理能力が半分になってしまいます。すると水位が上がってから下がります。この場合は便器を外さなくてはいけなくなっている状態といえます。

水位が全く下がらない場合は、水を含むと膨らむもの(おむつや生理用品など)やタオル、おもちゃは押し流すと悪化させてしまう場合があるのでラバーカップ(スッポン)はしないことが重要です。

排水マスをチェック!

排水マスは文字通りの「枡」のように四角いもの(コンクリート製)や丸い「鉢」のような形状のもの(樹脂製)があり、上部には蓋がついています。
マスに入ってくる排水と出て行く排水の管がそれぞれ繋げられるように穴があいていますが、排水管はマスの中では繋がっていません。ですので蓋を開ければつまりがないか確認できます。

排水マスに異常がある場合、業者に依頼しましょう。

注意!異物を流してしまった場合!

異物(トイレットペーパー以外)を流してしまった時には、絶対にラバーカップ(スッポン)を使用しないでください。

特にオムツや生理用品などは水を吸って膨らむので、無理に押し込み過ぎると仮に便器を通過させることができたとしても、排水管で必ず詰まってしまいます。便器の問題点(詰まった原因)を把握しておかないと悪化させることがあります。

本来、ラバーカップ(スッポン)は水に溶ける性質のトイレットペーパーをつまらせた場合の対処法ですので、異物を流してしまった時にラバーカップ(スッポン)を行うと、異物が便器を通過した場合、便器は正常に流れるようになり、一見トイレつまりが直ったように見えます。しかし便器を通過した異物はその後、排水管の詰まりに発展してしまい事態を悪化させてしまうことがあります。

溶けない異物を流してしまった場合

よくあるものとして携帯電話・子供のおもちゃ・軍手・生理用品などの固形物を誤って流してしまった場合、トイレ真下(床下)のどこかでひっかかり、そこに汚物がたまっていき、トイレつまりの原因になることも多いようです。
最悪の場合、詰まっている部分の配管を開ける必要があり、大きな施工が必要になる可能性もあります。
戸建てですとこのような対応が必要になる場合がありますが、マンションなどの集合住宅などですともっと施工自体が複雑になることもあるようです。
排水管などをチェックし、それでも見つからない場合はカメラを使ってつまっている場所の特定をし、最悪フローリングを剥いだり、専門機材の使用による大きな施工により料金も相当高くついてしまいます。
焦ってラバーカップなどを使ってしまうと固形物が配管の中で押されてもっと奥に行ってしまい大きな工事が必要になるので絶対にラバーカップは使用しないで下さい。

ただ携帯電話・子供のおもちゃ・ペン等の場合、
引っかかって手の届くところにある場合もあるので、まずゴム手袋などをして手の届くところにあるか確認しましょう。
それでもダメな場合はすぐに専門の水道業者さんに相談しましょう。

固形物の場合
①手で取り除けるか試す
②水道屋さんに相談する

固形物の場合は余計なことをすると取り返しのつかない事態になることもありますので
必ず水道屋さんに相談してください。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

自分で治すトイレつまり【準備編】→