和式トイレのつまり【番外編】

水洗式の和式便器は 内部の排水管など配管パイプが返し構造になっており、トイレットペーパー以外の物を流すとその部分でつまりが起きます。 水に溶けるトイレットペーパーによる軽度なつまりなら時間の経過で水に溶けてつまりが解消されることもありますし、ラバーカップ(スッポン)で解消できるかもしれません。 少しでも早く溶かしたい場合は、お湯をかけて簡単に解消することができますが、あまり無理をすると便器を壊す危険性もあるので、すぐに直らないようなら専門業者に依頼する方がいいでしょう。

しかし一般的に、和式の水洗トイレは地面に固定されており脱着が容易には出来ないことが多いため簡単には取り外しが出来ません。最悪の場合、便器に穴をあけるか割るか破棄しかないのです。稀に上からのせてあるだけの場合がありますが、この場合は洗浄管(タンクと繋がっているパイプ)を外してから、縁から少しずつ持ち上げて、縁の隙間に手をかけられる様になったら真上へ引っ張れば外れます。しかし、洗浄管のパッキンが劣化していると組み直しても漏れてしまいます。個人での作業はおすすめできません。容易に自分で直そうとせずに専門業者に依頼しましょう。

トイレつまりのプロフェッショナルはこちら>>