こんな水道業者には気をつけよう【業者の裏側編】

バンバン広告宣伝している業者には気をつけよう

インターネット上にはたくさんの水道業者が掲載されてますが、中にはTVで大々的に宣伝を行っている会社もあります。広告を多くかけている会社は売り上げ規模も多く安心という考え方もありますが、一方で、広告費をかけるということはどこかでその広告費用分の利益を出さないといけないとも言えます。
テレビのコマーシャル、タレントの起用などには多額の費用がかかります。そのお金はお客様が支払うサービス料金に含まれているため修理の料金が高くなってしまいます。

極端に安い金額を提示している業者には気をつけよう

料金をホームページなどで公開しているかどうかも大切です。しかし、ホームページなどに記載されている基本料金はあくまで「最低料金」です。訪問後に料金が大きくなることもあります。 業者の中には「安すぎる料金提示」をして、伺ってしまえばこっちのものと思っているところが多いようです。電話で具体的に症状を伝えることで、おおよその金額を教えてくれる業者が好ましいです。
「とりあえず伺います!」「出張費無料です!」といった宣伝もありますが、そのような場合は、広告費やガソリン代が含まれた施工費を請求されるという意味でもありますので、注意が必要です。
また、「無料見積りに行かせます」だけの緊急対応をする業者は、訪問時に「慌てている」素人のお客様を丸め込み高額請求をする場合もあります。

水道局指定されている業者か確認しよう

水道局指定工事店とは、水道局や水道課から水道法によって指定されている工事店のことです。
指定工事店だから安心と言う訳ではありません。
本来水道工事店は「上水道」と「下水道」二種類の指定を受けています。しかし、緊急業者のほとんどは上水道の指定しか持っていないのが現状です。上水道の指定業者になるには、ペーパーテストのみに合格すればよく、実技試験などはありません。そのため悪徳業者でも簡単に取得できてしまう資格だということです。
水道屋を選ぶには必ず2種類の自治体指定を受けている業者に依頼することが重要です。

見積りや作業説明が無い

通常、トラブル防止の意味も込め、作業前には「作業内容」と「見積もり金額」が提示されます。
それらが無い場合、修理が終わった後で高額の請求をしてくる事も考えられます。工事に取り掛かる前に、『書面』で見積りをもらうようにしましょう。逆に、高額な請求をされたとしても、事前に請求された内容と金額に同意した場合は、返金交渉は難しいので、高額な契約の場合は他の業者からも見積もりを取り、比べる事が必要です。

じゃあどんな業者だったらいいの?失敗しない水道業者選び

地元に密着した、顔の見える業者さんを選ぶ

地元に本社があること

全国展開している会社は、地方で業績の悪化があれば当然地方の支店や営業所を閉鎖します。つまり、何かあった場合にクレームなどのアフターフォローが受けられなくなってしまう危険性があります。しかし、地元に本社がある場合には、業績悪化などの場合にも最後まで営業は続けることが普通です。
また、大手水道業者に連絡をしご依頼された場合でも、実際に現場に来る業者は、近隣の水道業者ということがあります。これは、地元の水道業者が大手と契約を結んでいて、下請けで仕事をもらっていることがあるためです。地元の業者であれば、その後のアフターフォローや急な対応も心配いりません。
また、地元に密着した業者は不当な料金を提示したり手抜き工事をしたりする可能性が低いのです。地域密着の業者が悪質な行為を働くと、その悪評はすぐに広がり、その地域で営業する事が難しくなるため、信頼の置ける業者の可能性が高いのです。水廻りトラブル時の業者選びで迷っている場合には、地域密着の業者をおすすめします。

法人企業であること

個人事業は特に、その場しのぎの営業やぼったくりなどの悪質な営業を続けながら都度名称を変えたりなど、事業者の実態がつかめない場合が多く見受けられます。たとえ小さい会社でも、法人企業は法務局や税務署への所定の申請が必要ですので信頼・信用を得られるでしょう。
また、個人経営の水道業者が信用できない訳でもありません。しかし法人の場合は、税務署などへの申請が義務付けられていますので、全く知らない業者であるならば、個人よりも法人の方が信頼できると言えるでしょう。

社長やスタッフの顔が見えること

広告やホームページなどで社長やスタッフの顔を確認しましょう。
顔を出すというのは、「絶対に世間に顔向けできないことはしない」「真剣に、真面目に、一生懸命に仕事に取り組む」「万が一、何かお客さまとの間にトラブルがあったとしても、逃げも隠れもしない」という決意の表れです。
また、ホームページに出来る限りの情報を載せることでお客様に安心してもらうための工夫をしている為、業者選びの重要なポイントとなります。

トイレつまりの修理屋さんはこちら>>

和式トイレのつまり【番外編】→